東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

営業開始 10:00~20:00(要予約)定休日(火・水)東京都墨田区東向島6-59-4090-3916-8471

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2022.09.22

良い水を飲んで!老廃物を排出(デトックス)!

「負けない身体づくり」100の方法<その53>デトックス!

【負けない身体づくり】とは、私たちの「なりたい姿を叶える身体」を妨げる病気、怪我、老化、ストレスなどに負けない身体と心をつくること。

子供のころから病気したことがない人、いつもどこも辛くない人、昔も今も不安を感じたことがない人・・・って、なかなかいません。

私は、何、ちょっぴり、元気じゃなかったり、辛いことがあったり、不安を感じたりして生きてきました。そんな私だから行っている「負けない身体づくり」100個の方法を伝えます。

いつもと違う症状は老化サイン

「老化は細胞の働きが低下しただけで、細胞が老化するのではない!」と41番目のTipsに書きました。でも実際は、誕生日に年齢は増えるし、健康診断の数値も気になります。20代の時のままとはいかないのです。

例えば、

  • かわいい傷が治りにくい
  • かわいいシミ、しわが消えない
  • かわいい肌荒れ、イボができた
  • かわいい夏になっても痩せない
  • かわいい汗をかきやすく(もしくは逆)なった
  • かわいい健康診断の数値が悪くなった
  • かわいい視力が落ちた
  • かわいい疲れやすくなった

 

など、いつもと違う症状や変化があります。すべてではありませんが、老化のサインかもしれません。

そんな老化を引き起こす原因の一つが「老廃物溜まり」。メタボリック症候群でおなじみの「コレステロール」「中性脂肪」や「便秘」「むくみ」「冷え」などの様々な症状を引き起こします。

負けない身体づくり52番目からのテーマは「デトックス」。52番目で紹介した「めぐりを止めない、老廃物を溜めない」に引き続き、53番目は老廃物を溜めない方法、デトックスの方法の1つ「良い水を飲む」について書きます。

良い水を飲むとは?

老廃物を排出する方法の一つとしてお奨めしているのが「良い水を飲む」ことです。

なりたいもんが推奨しているのは、「たらーっ (汗)白湯」です。

ミネラルウォーターも良い水なのですが、今回のテーマが「老廃物排出(デトックス)」なので、身体に取り入れるミネラルを含む水よりも排出効果の高い「白湯」がお薦めです。

それに、日本は水道水が安心して飲めるので、白湯デトックスは続けやすい方法といえます。

白湯デトックス

白湯は、美容と健康に深い関わりがあります。白湯を飲むことで身体の中から温められ、内臓の働きが活発になります。すると、こんな効果が期待できるのです。

たらーっ (汗)デトックス効果

まずは今回のテーマであるデトックス効果です。

内臓活性化と水分補給により、利尿作用や腸の蠕動運動が促され、便秘解消+発汗+利尿といったデトックス作用が活発になります。

たらーっ (汗)基礎代謝アップ

全身を巡る血の流れが良くなって基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると脂肪燃焼の効果が上がり、痩せやすくなるだけでなく、基礎体温も上がることで免疫力が高まります。

たらーっ (汗)冷え性の改善

内臓活性化や血液・リンパ液の巡り改善によって、抹消(指先)まで温められた血液が巡り、内臓と抹消の温度バランスも整います。

これにより、お腹冷え、指先冷えなどの冷え性だけでなく、ほてり症などの改善も期待されます。

たらーっ (汗)美肌、若返り効果

血液・リンパ液の巡り改善や基礎代謝アップは細胞の活性化を促します。つまり、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるスピードが高まるということ。

細胞は、肌、骨、筋肉、髪の毛などの全ての組織の最小単位。「細胞再生力=若さ」ですから、美肌だけでなく若返り効果も期待できます。

白湯デトックスの始め時

白湯は、老若男女問わず、いつでも始められますが、特に下のような症状や変化に気づいたら、ぜひ始めて下さい。

  • 考えてる顔倦怠感(ダル重い)
  • 考えてる顔こり
  • 考えてる顔しみ、しわ、たるみ
  • 考えてる顔傷が治りにくい
  • 考えてる顔冷え性、ほてり症
  • 考えてる顔便秘、下痢
  • 考えてる顔むくみ
  • 考えてる顔メタボ数値

など。

白湯を飲むタイミング

お薦めは「朝」

白湯を飲むのに最もおすすめなのが「朝」、目覚めた後です。

寝ている時に失った水分を補給し、下がっている体温を上げるためです。

コップ1杯の白湯を10~20分かけてゆっくり飲みましょう。

食事の30分前と食事中

食事の消化吸収を促進し、脳の満腹中枢も刺激されます。

食べ物の栄養吸収力が高まることは細胞活性化にもつながりますし、食べ過ぎ防止にもつながります。

コップ1杯の白湯でOKです。飲み過ぎてしまうと逆に消化吸収を阻害してしまう可能性があるそうです。

白湯の作り方

作り方はとっても簡単!

  1. やかんに水道水を入れて、火にかけてお湯を沸かす
  2. 沸騰してきたら、やかんの蓋を少しずらして、吹きこぼれないよう弱火にしてから10分ほど沸かし続ける
  3. 火を止めて冷ます
  4. 約50度(飲める程度の温度)になったらOK

 

やかんで沸かすのが難しい方は、電子レンジでも良いのですが、私は沸かした白湯の方が美味しく感じられます。

老廃物の排出(デトックス)を高める方法

老廃物の排出(デトックス)の方法は、他に運動や食事でも行えます。

また、施術という方法もあります。

「身体の声を聴くオルゴンリンパ整体」では、骨格や筋肉のバランスを整え、“指1本ずつ”の末梢(指先)の詰まりを取り除きます。体内の毒素や老廃物を排出(デトックス)し、滞っていた血液やリンパ液、ホルモン分泌が巡らせ、細胞の活性化を促します。

おすすめメニュー