東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

営業開始 10:00~18:00(要予約)定休日(火・水)東京都墨田区東向島6-59-4090-3916-8471

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2022.07.28

最強予防[身体の声を聴く]熱中症サイン

夏の定番「熱中症」どうする?

夏の定番症状「熱中症」

最高気温30度を超える「真夏日」という天気予報が出されると、「待ってました」とばかりに「熱中症」情報を目にするようになります。

熱中症は、温度や湿度が高い環境に長い時間いることで、体温の調節機能が乱れ、体内に熱がこもって、臓器に障害をもたらしたり、時には死に至るケースもある怖い症状です。

特徴的な症状は

  • たらーっ (汗)立ちくらみ、めまい
  • たらーっ (汗)身体のだるさ
  • たらーっ (汗)汗をかかない
  • たらーっ (汗)頭痛
  • たらーっ (汗)吐き気
  • たらーっ (汗)手足のしびれ
  • たらーっ (汗)こむら返り

などが一般的なようです。このような症状に気が付いたら、すぐに熱中症対策が必要です。

しかし私たちの身体は百人百様。身体の状態、持病、年齢、環境、生活習慣などは人それぞれに違います。それに、症状が出てからでは手遅れになる場合もあります。

だから、上記の一般的な症状だけではなく、身体の声を聴いて、自分の熱中症サインを見つけることが必要だと思いました。

「身体の声を聴く」は最強予防

私が自分の身体の声を聴いて見つけた熱中症サインは「目のヒリヒリ」です。まるで、ドライアイのような症状です。

これまで、冬の乾燥している時期にはドライアイになることもありますが、夏の時期にはなかったのです。ところが、外出時だけでなく、室内にいる時でも、「目のヒリヒリ」を感じることに気が付きました。

でもちょっとドライアイとは違うようなのです。

なぜなら、「目のヒリヒリ」にプラスして

  • ●「暑い」と感じている
  • ●ちょっと水分が欲しいかも
  • ●わきの下などに汗をかきやすい場所が冷たい
  • ●ふくらはぎが浮腫んでいる、重だるい

などにも気が付いたからです。

「身体の声を聴く」ことで自分の熱中症サインに気づけば、症状が出来る前にできる予防法となります。

自分の身体は自分で守る

症状が出たら病院へ行くことが、今までは普通に出来ていましたが、ウィルス感染者の受け入れや、一般症状の方の治療などで病院も大変なことになっています。

しかしながら、体調不良があるのに我慢して重症化してしまう場合もあります。治療が必要な場合は病院です。

しかし、一番大切な心構えは「自分の身体は自分で守る」ことだと思います

自分の身体に合う健康法、予防法を行うことが「自分の身体は自分で守る」ことにつながると思います。

「身体の声を聴くオルゴンリンパ整体」では、自分の身体の声を聴き、自分に合う施術や対処法をさぐっていきます。

更に、骨格や筋肉のバランスを整え、“指1本ずつ”の末梢(指先)の詰まりを取り除き、体内の毒素や老廃物を排出(デトックス)し、滞っていた血液やリンパ液、ホルモン分泌が巡らせ、細胞の活性化を促します。

おすすめメニュー