東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

営業開始 10:00~20:00(要予約)定休日(火・水)東京都墨田区東向島6-59-4090-3916-8471

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2022.03.03

ひな祭りで祝う「健康&元気」

大人のお雛祭りしましょう! つぶやき、ひらめき、愚痴、気づきを吐き出しちゃいます。

両国駅でお雛さま

JR両国駅でお雛様を見ました。両国駅には、今は使われていない階段があり、そこに飾られていました。何段にも飾られていて見事でした。⇒リンク先:両国でお雛様

子供の時に買ってもらったお雛様はガラスケースに入っていて、出して飾るたびに嬉しかったけど、狭い部屋をさらに狭くしていました。

引っ越しするたびに、大人になるにつれ、出して飾るのが面倒になり、ずっと飾っていませんでした。でも、なりたいもんを始めてから、季節の飾りにと思って、小さなお雛様を飾るようになりました。

飾ってみたら、子供の頃の気持ちがよみがえって、やはり嬉しい気持ちになります。

お雛様の由来

「お雛さまって、女の子の成長を祝ってやること」だと、ずっと思っていました。でも、改めて調べてみたら、ひな祭りは、「五節句(ごせっく)」の「上巳(じょうし)の節句」が由来とのこと。

  • 「五節句」とは、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」の5つ。

季節の変わり目となる「節目」には、次の季節を無事迎えられるよう、お祓いやお清めの行事・儀式を行う風習がありました。3月3日の上巳の節句は、川で身を清めたり、宮中で宴席を催すなどして災厄を祓う中国の習わしと、「禊祓(みそぎはらい)」の思想や「人形(ひとがた)」を流す日本の伝統文化が融合し、のちに雛人形を飾る「ひな祭り」となったといわれています。

そして、雛人形は女の子の厄災を身代わりとして引き受けてもらうために飾るとされています。

こういう由来から、私の子供の頃から今も、ひな祭りは「女の子の健康と幸福を祝う行事」となったのですね。

ひな祭りで祝うのは「健康&元気」

3月3日のの上巳の節句は、お祓いや清めの行事を行う日、厄払いの日。

私は、これまで健康でいられたことに感謝し、これからも健康で元気に過ごしていけるように、身を正す日だと思いました。

そこで、お雛様を飾るだけでなく、3月3日前後に神社に行こうと思います。私にとって神社(特に、産土神社、氏神様)は特別です。前回のTipsに書きましたが、私の「拠り所」です。⇒リンク先:「拠り所」はありますか?

この神社に参詣することで、身を清め、気持ちを正し、本来の自分を取り戻せます。

ひな祭りの参詣でチャクラはどうなる?

チャクラとは生命エネルギーの出入り口です。生命エネルギーは、生きていく上で欠かせないもの。その出入口であり通り道でもあるので、チャクラの乱れは、健康や元気の乱れとなります。

ひな祭りの参詣の目的は厄払いですから、チャクラが整っていれば、ちゃんと厄払いできたことになると思います。

チャクラが整ったかどうかの目安は

  • かわいい「一本筋が通った」「私はここにいる」ような感じ
  • かわいい地面に足をしっかりついて立っている
  • かわいい吸った空気が身体を巡って細胞に行き渡っている
  • かわいい気持ちが落ち着いている

などです。

「チャクラが整っている」かどうかはチャクラヒーリングで

こんな時は、チャクラが乱れがちです。

  • ●不安定な気持ちの時や体調不良の時
  • ●仕事・家庭など自分を取り巻くことが上手くいかない時
  • ●もっと健康になりたい、元気でいたいと思う時
  • など

 

これから、人生を生きいきと過ごしたい方には、「身体の声を聴くオルゴンリンパ整体」や「チャクラヒーリング」で、チャクラを整えていきましょう。

おすすめメニュー