東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2020.09.10

辛い症状がなかったら、どんなに幸せか!

「負けない身体づくり」100の方法<その3> 整体師、予防医療診断士、チベット体操講師としての体験と発見を書きます

【負けない身体づくり】とは、私たちの「なりたい姿を叶える身体」を妨げる病気、怪我、老化、ストレスなどに負けない身体と心をつくること。

子供のころから病気したことがない人、いつもどこも辛くない人、昔も今も不安を感じたことがない人・・・って、なかなかいません。

私は、何か、ちょっぴり、元気じゃなかったり、辛いことがあったり、不安を感じたりして生きてきました。そんな私だから行っている「負けない身体づくり」100個の方法を伝えます。

自分の身体と向き合う

100の方法の3番目も、「負けない身体になる」ための準備です。それは、「自分の身体と向き合う」こと。

イメージした「なりたい姿」「叶えたい姿」と「今」の身体の状態を比較してみましょう。

  • 自分の身体の好きなところは、なりたい姿に近いですか?
  • 自分の身体の嫌なところは、なりたい姿と差がありますか?
  • 辛い箇所や症状は何ですか?
  • 悩みや不安のある箇所はどこですか?
  • 辛い、不安がなくなって、どうなりたいですか?

 

「この辛い症状がなかったら、どんなに幸せか」

私は、自分の身体と向き合ったときに、良い所、好きなところ見つけるよりも、「辛い症状をどうにかしたい!」という思いが強かったです。

私の辛い症状TOP3は

  1. アレルギー性の湿疹・・・アレルゲン不明で一年中痒くて辛い
  2. 腰痛&坐骨神経痛・・・痛みで歩けなくなった
  3. 首・肩痛・・・あまりの痛さに眠れなくなる時も

 

症状としては、かなり酷かったので、「生きているのが辛い」と思う時もありました。だから、「これらが無くなったら、どんなに幸せなんだろう」って思いました。

私にとって「負けない身体になる」とは、まさに、このネガティブな思いの中にある希望から生まれたものでした。

「どうにかしたい!」は原動力

身体に辛い症状や状態があるということは、病気、けが、老化、ストレスなどに負けているということだと思います。

それが辛ければ辛いほど、「どうにかしたい!」って思いませんか?

その思いが、病気、けが、老化、ストレスに「負けたくない」という気持ちを湧き起こさせるのです。「負けたくない身体になる」ための原動力になるのです。

「どうにかしたい!」という原動力が強いほど、「負けない身体になる」が希望の言葉になり、これからの「負けない身体作り」が楽しみになります。

おすすめメニュー