東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2020.06.18

小麦粉(グルテン)は美味しいけど危ない?!

パンもお好み焼きも大好きなのに食べられないの?/墨田区東向島の整体師&予防医療診断士&チベット体操講師

予防医療の学びは「負けない身体になる」ためのヒント

なりたいもんが「辛い症状で悩む人を楽にする」方法を模索するうちに見つけた新しいビジョン「病気・けが・老化・ストレスに負けない身体になる」と、そのために必要だと学んだ「予防医療」。

この予防医療では、分子栄養学と細胞生理学を学びました。なんだか難しそうだなと思ったのですが、学んでみたら「なるほど!」「そうなんだ!」という驚きと発見がいっぱいでした。

その他、予防医療が目指す「病気ゼロ、寝たきりゼロ」のためのストレッチや認知行動療法、メンタルケアなども学びました。

この驚きと発見を「負けない身体になる」ためのヒントとして紹介していきます。

アレルゲンだから身体に悪いというわけじゃない

前回のTipsで「白砂糖は身体に悪い」ので、摂らないようにすることが「負けない身体になる」ためになると紹介しました。

白砂糖に続いて、小麦粉に含まれる「グルテン」も身体の悪い食べ物だそうです。「小麦粉アレルギー」の人だけでなく、人間にとって悪いという意味です。

グルテンは消化しにくい

「グルテン」とは、小麦や大麦、ライ麦といった穀物から生成されるたんぱく質のこと。これがとても消化しにくいたんぱく質なのです。

未消化のままだと腸の粘膜を傷つけてしまいます。すると腸が炎症するげっそり (顔)。そして、そのうち腸に穴が開いたような状態(リーキーガット症候群)になります。すると、腸は正常な働きができず、有害物質や細菌、アレルギー物質などが体内に入ってしまいます。

グルテンは中毒性あり

私はパンが大好き!ご飯ももちろん好きだけど、パン屋さんの前を素通りできません。そのほか、お好み焼き屋とかもんじゃも好き。和菓子も好きなのですが、小麦粉の焼けた香りが食欲をそそるのです。

単なる「好き」「美味しいから」という理由で「やめられない、止まらない冷や汗 (顔)」なのかと思っていましたが、グルテンには中毒性もあるそうです。本当に止められない方は、中毒性を疑った方がいいかもです。

色んな不調の原因かも

グルテンの未消化が原因となる体調不良があります。

  • どんっ (衝撃)腹痛、便秘や下痢
  • どんっ (衝撃)アレルギー
  • どんっ (衝撃)片頭痛
  • どんっ (衝撃)PMS(月経前症候群)
  • どんっ (衝撃)肌荒れ
  • どんっ (衝撃)自己免疫疾患のリウマチや橋本病

他に、うつやADHD(注意欠陥、多動性障害)などの脳疾患、精神疾患との関連性も海外で指摘されているそうです。

グルテンの身体に与える影響を学ぶことは、私の食生活に衝撃雷を与えました。それは、前回Tipsで書いた「白砂糖」よりも大きかった。なぜなら、パンやお好み焼きなどの”粉もん”が大好きだから。

でも、グルテンを摂っていたら、私を一番悩ませているアレルギーは治りにくいだろうし、生活習慣病や頭痛などの原因が特定できない症状も改善できないだろうと思いました。

グルテンフリーの食事とは?

グルテンを摂らない(グルテンフリー)の食事はできるのだろうか?

小麦粉を使っていない食品や、そういった食品を食べる食生活は、もともとグルテンアレルギーの人たちのために考えられたものだったそうです。でも、テニス選手のノバク・ジョコビッチがグルテンフリーを実践して、グルテン中毒を脱して健康になったことなどから、健康法として注目されるようになりました。

私は、「病気・けが・老化・ストレスに負けない身体になる」を目指しているので、私にできるグルテンフリーを行いたいと思います。それにはまず、グルテンが使われている食品とそうではない食品をあげてみました。

グルテンが使われている食品

小麦粉が使われている食品は、パン、麺類、お好み焼き、ケーキ、クッキー、シリアル、ピザ、まんじゅうなどの分かりやすい物だけではありません。

例えば、

  • パンカレー、シチューのルー
  • パン十割でない蕎麦
  • パン揚げ物(天ぷら、コロッケ、とんかつなど)
  • パンにくまん、餃子、シュウマイなどの皮
  • パンしょうゆ、みそ、ソース
  • パンお酒(ビール、ウイスキー、ジン、ウォッカ、麦焼酎は、麦芽や大麦、ライ麦などが原料)

グルテンフリーの食品

小麦粉の代替品としてはお奨めなのは「米粉」。私は一時期「米粉パン」にはまっていました。小麦粉のパンにはない、もちッとした食感と噛み応えがすごく美味しいのです。揚げ物やお好み焼きには米粉の他にそば粉もお奨めです。そば粉を使ったクレープやお菓子は香ばしくて美味しいです。

その他に、

  • おにぎり米、米粉、餅、餅粉
  • おにぎり芋類
  • おにぎり豆類、豆製品、ナッツ類
  • おにぎり和菓子(餅、米、豆、寒天、芋などを使ったもの)
  • おにぎり肉・魚・野菜・果物
  • おにぎり蕎麦、そば粉

 

食べ物に興味がある方の「負けない身体になる」ためにお奨めは?

私が、身体に良くて、身体に合うグルテンフリーを選ぶために行ったのが「フードマッチング」

  • ブタ 食べることが好き
  • ブタ 健康や美容も気になる
  • ブタ 体型が気になる(痩せたい)
  • ブタ アンチエイジングしたい(老化防止)

・・・な方にもお奨めします。

「フードマッチング」は、まさに食べ物と身体との相性を見るセッション。
例えば、グルテンで心配される腸トラブルをケアするなら、米と蕎麦?肉や魚?野菜?ということを身体に聴いていきます。

この予防医療診断士の学びで知った「なるほど!」なことは、まだあります。Tipsでは、白砂糖以外でも避けたい「小麦粉(グルテン)」や「牛乳」、「負けない身体になる食べ方」についても書きます。

美味しく楽しく食べて、「病気・けが・老化・ストレスに負けない身体になるダッシュ (走り出すさま)を私と一緒見目指しましょうぴかぴか (新しい)

おすすめメニュー