東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2019.11.14

頑張るしかできないじゃない!昔から

「出来ない!どうしよう」って時の身体の声を聴いてみませんか? 病気・けが・老化・ストレスに「負けない身体になる」を目指す墨田区の整体師&予防医療診断士&チベット体操講師

どうにもならない!四面楚歌だ

いい結果がでない時、手を尽くしたけどダメだった時・・・ありませんか? そんな時の解決法があればいいのですが、どうにもならなくて絶望すると、周りが敵に見えたり、孤独を感じてしまいます。そういう状態を「四面楚歌」っていいます。

そんな時に頭をぐるぐる回る言葉はネガティブです。

  • 「どうしよう」
  • 「どうしたらいいんだろう」
  • 「出来ない」
  • 「無理」
  • 「もうだめだ」

……って言葉や考えばかりで前向きになれません。

心が凹むと身体も凹む

でも、そんなことばかり考えても、何にもなりません。こういう時は心だけでなく身体にも影響が出て、痛み・しびれ・発熱などがでたり、けが、病気になることもあります。

なりたいもんのお客様にも、心が凹んで身体に影響が出る方がいます。もちろん私もそういう時があります。こういう時は【身体の声を聴く】オルゴンリンパ整体を行って、凹んだ心と身体を元気にするポイントを探します。

それは、「言葉」だったり、「エネルギー」だったり、「ゆがみの矯正」だったり、「栄養」だったりします。

身体の声は「頑張るしかできないじゃない!昔から」

私が聴いた身体の声は「頑張るしかできないじゃない!昔から」でした。

この声を聴く前の私は

  • 「色々やってるのに、いい結果が出ない」
  • 「いいことが何にもない」
  • 「もう私はだめだ」
  • 「何をやっても上手くいかない」

と、どうしたらいいのか分からなくなっていました。

でも、この声を聴いたら、「そうか、今に始まったことじゃないんだな。昔から、頑張ることしかできないんだよね、私って」と、改めて自分を振り返ることができました。

もちろん、この声を聴いて全てが好転したわけではありませんが、悪いこと・ネガティブなことばかりが目について、周りが敵のように見えていた私は、ポジティブなことに目を向けたり、頼れる人を探そうと思えるようになりました。

「どうしよう」からの抜け方

「どうしたらいいの分からない」「何をやっても上手くいかない」などとネガティブな言葉や思いで辛くなってくると、抜け出す方法がみつからなくなってしまいがちです。

そうなる前の抜け方で私が実践しているのは、「おしゃべり」です。まずは心の声を吐き出すことから始めましょう。相手は知り合いよりも頼れる人の方がいいと思います。単なるおしゃべり相手ではなく、相談できる人です。

私の場合は、自分の身体でした。身体の声が抜け出す手助けをしてくれました。

おすすめメニュー