東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2019.11.07

コレステロール値より血管年齢!-老化に負けない身体になる-

血管の若返りでコレステロール値が怖くない! 病気・けが・老化・ストレスに「負けない身体になる」を目指す墨田区の整体師&予防医療診断士&チベット体操講師

前回Tips「コレステロール値が下がらない?」の続きです。

実年齢より平均11歳若い海女さん生活

「血管年齢が10歳以上の若くいられる秘訣を、海女さんの生活から学びたい」と思って記事を読み進めると、これだ!という若返りポイントがありました。

  • ひらめき水圧のかかる中で運動することで血流が良くなり血管が刺激されて柔らかくなる
  • ひらめき魚介類をよく摂ることで血液がサラサラになる

 

海中に潜って運動することはできないけど、運動によって血流を良くすることはできます。

私がやっている運動は「朝ウォーキング」「チベット体操」「予防医療診断士の万歳ストレッチ」などです。

運動で血管(動脈)が柔らかくなるとは

「運動すると血液の巡りが良くなって、血管の内側を覆う内皮細胞が血流で擦られます。その刺激で、血管を柔らかくする一酸化窒素などの物質が血管内で放出される」ということでした。

一酸化窒素は、酸素と窒素の化合物。自動車の排気ガスなどに含まれる有害物質ですが、体内では血管を広げる働きをしてくれます。まさに、血管を柔らかくしてくれる物質です。

血管を柔らかくする方法

運動のほかにも血管を柔らかくする方法はあります。

  • ダイヤ食事・・・前回Tipsで書いたことですが、揚げ物、脂身、糖質を控える。食物繊維、不飽和脂肪酸を摂る。肉よりも魚を摂る
  • ダイヤ睡眠・・・6時間以上(なるべく23時までに)寝ることで成長ホルモンによる血管修復を促す
  • ダイヤオルゴンリンパ整体・・・血管の詰まりを取り除いて巡りをよくする

身体の声に聴く「私に合う」血管を柔らかくする方法

私に合う方法として、積極的に行ったのが「身体の声を聴くオルゴンリンパ整体」です。

なぜなら、食事も運動もすでに行っているし、睡眠もしっかりとっているので、やっていないのが「身体の声を聴くオルゴンリンパ整体」だったのです。

これは、オルゴン・リングで指先の抹消血管の老廃物詰まりを取り除く施術で、全身の血流がアップするし、コリもほぐれて身体が軽くなります。

血管を大切にしよう

私たちの体中に張り巡らされた血管は、つなぎ合わせると約10万㎞、地球を2周半する長さにもなるそうです。血管はそんな「人体最大の臓器」でありながら、普段意識されることなく、黙々と働き続けてくれている大切なライフラインです。
コレステロール値だけでなく、血圧や血糖値などの数値も血管・血液の状態を見る目安になります。また、体温や顔色、手足の冷え、運動後の呼吸なども血管・血液のチェックになると思います。

血管を大事にして、「負けない身体になる」を目指しましょう。

おすすめメニュー