東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2019.11.04

コレステロール値は下がらない?-老化に負けない身体になる-

コレステロール値が気になる方は血管が大事!? 病気・けが・老化・ストレスに「負けない身体になる」を目指す墨田区の整体師&予防医療診断士&チベット体操講師

私、コレステロール値が高いんです

毎年、健康診断を受けています。そして必ずチェックされるのが「脂質(コレステロール値)」

「私、高いんですたらーっ (汗)

脂質の項目は3つでその基準値は、「中性脂肪(149以下)」「HDLコレステロール(40以上)」「LDLコレステロール(119以下)」

私はこの中の「LDLコレステロール」が基準値よりも高いんです。10年位前までは診断結果が送付されてきただけで、評価がA(異常なし)かB(要観察)なら「大丈夫わーい (嬉しい顔)」って思っていました。

しかし、40代後半から評価はC(要指導)になってしまいました。

医師の指導ではコレステロール値は下がらない

今は医師から直接「診断結果」の説明を受けています。紙で見るよりも直接言われるのでインパクトが強い雷です。

医師の指導は

  1. 食生活の改善
  2. 運動

……分かってるってたらーっ (汗)たらーっ (汗)

でも、私はもっと分かっています。この2つでは、LDLコレステロール値が下がらないことを。

なぜかというと、評価Bが気になりだした10年前から、この2つは実行しているのに、評価Cになってしまったからです。

コレステロール値を下げるためにやったこと

医師の指導の下に、私がやった「LDLコレステロール値を下げよう生活」はこれです。

  • 食事・・・揚げ物、脂身、糖質を控える。食物繊維、不飽和脂肪酸を摂る
  • 生活・・・夜11時までには寝る、お風呂に入る
  • 運動・・・毎日30分以上の運動をする

これらを毎日続けました。でも、下がりませんでした。ほかに、何が私の数値を高める原因になっているんだろう?と考えて、医師にも相談しました。

もう諦める?それとも、もっと負けない身体になる?

診断結果を見た医師は「LDLが高いですね、食生活と運動は改善しているようですが、外食とかお酒の摂取が多くないですか?ストレスで甘いものを食べすぎていませんか?年齢によるものか、遺伝的なものかもしれませんね」と言いました。

この言葉を聞いた私は、「もうこれ以上、健康的な生活はできませんよ。ストレスとか老化や遺伝なんて、自分でどうにかできるものじゃないし。」と諦め気分になりました。

でも、医師の言葉にはちゃんと対処法が含まれていたのです。それは、

  1. お酒を控える・・・糖質に注意
  2. 甘いものを控える・・・糖質に注意
  3. ストレスを溜めない・・・消火器系+循環器系トラブルに注意
  4. 老化防止・・・糖化による血管(特に動脈硬化)老化に注意
  5. 家族の健康と食事のチェック・・・家族で同じ食事をしているから気づかない偏食。コレステロール値と身体の状態をチェック

 

LDLコレステロール値が高くて心配なのは「動脈硬化による心疾患と脳血管疾患」です。つまり、血管が固くなって、血流が阻害されることによる健康障害です。

老化にも「負けない身体になる」を目指す私としては、コレステロール値を下げることではなく、糖化防止&血管強化による柔軟な血管づくりが必要だと思いました。

「柔軟な血管づくり生活」と「血管年齢」

老化にも「負けない身体になる」ために、血管を柔軟にする方法を探しました。

それで見つけたキーワードが「血管年齢」です。

「血管年齢」とは、血管の老化度の目安。動脈壁の弾力性が年齢相応かどうかによって判断するものです。

ネットで検索すると、「血管年齢チェック」というのがいくつかありました。その一つはが下記<血管の老化を招く習慣>(参照:ティーペック株式会社)

  • どんっ (衝撃)タバコを吸っている
  • どんっ (衝撃)夜更かし、朝寝坊が多い
  • どんっ (衝撃)平均睡眠時間が6時間以下
  • どんっ (衝撃)濃いめの味付けが好き
  • どんっ (衝撃)魚より肉料理が好き
  • どんっ (衝撃)早食いと言われたことがある
  • どんっ (衝撃)甘い飲み物をよく飲む
  • どんっ (衝撃)つい間食することが多い
  • どんっ (衝撃)夜遅い時間に食事をする
  • どんっ (衝撃)ほとんど運動をしない
  • どんっ (衝撃)せっかちで完璧主義だ
  • どんっ (衝撃)実年齢より老けて見られる

以上。

12個の注意事項だと思って、自分の生活習慣と照らし合わせてみた。でも、どれも当てはまらない。つまり、「血管年齢=実年齢」ということです。

ちょっと安心しましたが、そもそもLDLコレステロール値が高い私としては、「今の生活習慣で大丈夫」と安心してはいけません。今の血管年齢をこれ以上老化させないようにする努力が必要なんです。

65歳で血管年齢19歳

そこで更に、「血管年齢を低くする方法」を調べました。すると、「65歳で血管年齢19歳」という見出しを発見double exclamation

「血管年齢=実年齢」で安心した私は驚きましたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

その記事の人は、海女さんでした。記事には、海女さんの血管年齢を調べたところ、実年齢より平均で11歳若かった。中には、65歳で血管年齢19歳のスーパー海女さんもいた」とありました。

血管年齢を若くする秘密が「海女さん」という仕事にあるのだと思いました。更に記事を読み進めていくと、海女という仕事で血流が良くなり、血管が柔軟に保たれるのだと分かりました。

私が海女さんに転職するわけにはいかないので、海女さんのように血流が良くて血管が柔軟になる方法を探りました。次回のTipsで、続きを書きます。

おすすめメニュー