東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

営業開始 10:00~最終受付 19:00(要予約)定休日(火・水)東京都墨田区東向島6-59-4090-3916-8471

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2019.01.18

生理痛が辛くて、薬に頼りたくないけど、仕事休めないし。
どうにかしたい。

生理は毎月のことですから、毎回痛みを我慢するのは辛いですね。
どうしようもない時は薬で痛みを止めるのも仕方ないと思います。
でも、そもそも痛みが軽減されたら、我慢しなくていいし、薬もいらなくなります。
なりたいもんでは、こんな風に対応しています。

まずは骨盤のゆがみを疑います

生理痛の辛い方は、骨盤の動きが悪かったり、ゆがんでいたりします。
骨盤の動きと生理は関係があるからです。
生理の4日くらい前から、右側の骨盤が緩んで広がり始めます。
その後、左が緩んで生理が始まります。
不思議ですね、いっぺんに緩むのではないのです。
そして、生理の4日目くらいに一番骨盤が緩んだ状態になります。(個人差あり)
生理痛の辛い人は、この骨盤の左の広がり方が鈍い方が多いそうです。
左側の腸骨の動きが硬いことが原因のようです。

次に、冷えや血行不良を疑います

冷え性の方は、生理痛があったり、腰痛・肩こりもあったり、足のむくみもあったり…色んな症状を抱えています。
身体が冷えていると、内臓や腰回りの筋肉も冷えてしまうので、生理痛になる方も多いです。
この場合は、腰やお腹を温めると痛みが緩和しますが、そもそも冷えないようにしておけば、痛くないはずです。

そして、生活習慣を疑います

骨盤のゆがみや冷え性になってしまう生活をしていませんか?
例えば、
● 脚を組む
● 片方に重い荷物を掛ける
● 猫背やバランスの悪い姿勢
● 運動不足
● 素足でいる、足首がすずしい服装
● 睡眠不足・栄養不足
● お風呂に入らずシャワーだけ
など、思い当たることはありませんか?

骨盤を整えて、末梢の詰まりも取り除いて温かい身体へ

気持ち良く生理が過ごせるように、骨盤の仙腸関節を緩めて、腸骨も仙骨も動きやすくしておきましょう。
更に、末梢の詰まりをとって、体内循環の正常化を促します。
低体温と冷えは同じでありませんが、「体温が1℃下がると免疫力が37%低下する。
逆に体温が1℃上がると免疫力は5倍に上がる。」と言われています。
生理痛に負けない身体になるには、骨盤が動いて、血行が良い温かい身体になることです。

おすすめメニュー