東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

営業開始 10:00~最終受付 19:00(要予約)定休日(火・水)東京都墨田区東向島6-59-4090-3916-8471

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2018.11.28

朝起きても疲れが抜けなくて、どうしたらいい?

睡眠時間は十分なはずなのに、朝起きると身体が重いんです。
疲れがなかなか抜けないと感じたとき、どうしたらよいでしょうか?

エネルギー不足かも

「身体が重い」と感じるのは、寝ている間に疲れがリセットされていない、また、充電できていないのかもしれません。

疲労がたまり過ぎていたり、エネルギー不足になっていませんか?
睡眠中に、内臓や骨や筋肉は作られます。それぞれの細胞は作られる時間帯が決まっているのです。
きちんと眠ることが、疲労回復につながります。

「疲労回復したい」「美肌になりたい」「負けない身体になりたい」方は、次の4つをぜひ実践してくださいね。

1. 夜12時までに寝る

1時から3時の「肝臓」の時間
この時間に、その日の自分を解毒し、たまったものを分解します。
つまり、今日のストレスを持ち越さないためには、12時に寝て、1時には熟睡していることが必要なんです。

2. 寝る3時間前までに食事を済ます

消化するには2~3時間かかると言われています。消化する前に寝てしまうと、胃の中に食べ物が残った状態になります。
すると、寝ている間も消化活動をすることになり、眠りの妨げになります。
食べたものが栄養となるためにも、きちんと眠るためにも3時間前までに食事しておきましょう。

3. 朝日を浴びる

朝日を浴びることで、体内時計がリセットされます。
「朝がだるいのに、朝日なんて!」と思われるかもしれませんが、朝日を浴びることは夜ぐっすり眠るための準備なんです。

4. 水分補給する

寝る前に1杯の水を飲みましょう。
水分を補給しておくことで血液の流れがよくなり、新陳代謝がアップします。
寝ている間に脱水症状になって目が覚めることもなくなり、熟睡できます。
水分補給しておくことで、しっかりと充電できて疲労回復へ。

深い呼吸が深い眠りへ導く

「眠りが浅くて」「寝つきが悪くて」とおっしゃる方は、呼吸の浅い方が多いです。
サロンでは、深い呼吸が出来るように整えていきます。
深い呼吸は身体をリラックスさせ、深い眠りへ導きます。

おすすめメニュー