東京都・東向島のオルゴンリンパ整体サロン なりたいもん

ご予約

負けない身体づくりTIPS

2018.11.19

身体の声を聴く1 ~寿命まで元気に動ける身体~

なぜ「身体の声を聴く」のかを、3回に分けて紹介していきます。
1回目は「寿命まで元気に動ける身体」についてです。

寿命まで元気に動けるのは「当たり前」か「無理」か?

寿命は死ぬことなんだから、それまで動けるのは「当たり前だ」と思いますか?
それとも、「そんなの無理!」って思いますか?

そもそも人間の身体は死ぬまで元気に動けて使えるようにできています。
実際90歳でフルマラソンに参加する人(ホノルルマラソンの完走者での記録:男性89歳、女性92歳)や80歳の重量挙げ選手もいます。
だから私は、「当たり前」だと思います。

元気に寿命まで生きるにはどうしたらいいのでしょう?

健康な身体(つまり正常な身体)を維持していればいいんです。
人間の身体を支えて動かしているのは骨と筋肉。この両方とも動くことで再生を繰り返しています。
また、すべてを司る脳(脳も筋肉)も老化しないと言われています。
そして毎日働いて疲れたり、無理な姿勢をしても、一晩寝れば再生して元気な身体になるのものなのです。
ということは、身体を動かして骨と筋肉の再生を促し、一晩寝て再生させれば健康な身体を維持できるということ。(子供は一晩寝ると、翌朝元気になっていますね)

健康維持を阻害してしまうものって?

事故や災害などによる怪我もありますが、ウィルスや放射能、ストレス(仕事、家事、人間関係、騒音、寒冷、薬物、感染など)、そして生活習慣。
これらは病気や怪我の原因ともいわれます。
なぜなら、血行・リンパなどの循環不良、骨格のゆがみの原因にもなっているからです。

<つづく>