ひまわり畑

なりたいもんブログ

30年目の信頼

2018年7月5日

30年前に読んだ本の一文が腑に落ち、私の心のよりどころになっていました。でも、この本をすべて読むことが出来ず、私のよりどころになった文章の前後も本のタイトルもすっかり忘れていました。

今、「これまでの10年、これからの10年」を考えていたら、この文章のことが浮上してきました。そして、「なぜ、私はその文章が腑に落ちたのだろうか?」と。

それは、ラルフ・ウォルド・エマソンの「Self-Reliance(自己信頼)」です。

この中の一文「自分の考えを信じること、自分にとっての真実は、すべての人にとっての真実だと信じること――それが天才である。  心の中で確信していることがあるなら、声に出して語るがよい。そうすれば、それは普遍的な意味を持つようになるだろう。」

私が不思議に思っていたことが、この文章でクリアになったんです。私が不思議に思っていたのは、生まれ育った場所、環境の違う人たちが、「なぜ言葉を使うのか」「なぜ文明や宗教を作ったのか」そして、「なぜ同じものを正しい、間違いと考えるのか」。つまり、時間も場所も環境も違うのに、どこか共通する感性や良心があることが不思議で、それが「当たり前」だと思われていることも不思議でした。

この不思議の答えが、エマソンの「人の心の普遍的な部分」「共通する世界」があるという文章に、「ああ、そういうことか」と頭と心の霧が晴れたように思えたんです。

エマソンの言う「自己」とは、この心の普遍的な部分という意味。

30年目の今、この「自己信頼」を持ちだしたのは、私が自分に自信が持てなくて、いつも何か不安でいたから。周りの人が「心配しなくても大丈夫、自信を持って」とか「自信を持って話していたよ」と言っても「私には無理だよ、自信持てないよ」と思っていました。

「自己信頼」したかったのは、私。ずっと自分を信じられなかった私です。でも、先日の「瞑想のためのチベット体操」で瞑想した時に、自然と願ってしまったのが「自己信頼してもいいよね」ってこと。

まだまだ不安になることもあると思いますが、自分が信じられること、普遍的なものだと思えることを信じます。30年目にしてようやく言えましたぴかぴか (新しい)わーい (嬉しい顔)ぴかぴか (新しい)

今日も読んで頂きありがとうございましたわーい (嬉しい顔)

チャペル【負けない身体づくり】プロジェクトとは?チャペル

なりたいもんは、私たちの「なりたい姿を叶える身体」を妨げる病気、怪我、老化、ストレスなどに【負けない身体づくり】プロジェクトを始めましたぴかぴか (新しい) 3本柱「身体」「心」「セルフメンテナンス」を提案できるサロンを目指していますパンチ

クラブオルゴンって何?のブログは↓↓クラブ

クラブ「オルゴンって何?」-1-

クラブ「オルゴンって何?」-2-

↓↓↓ブログの更新はFBとLINE@でチェックできます。こちらに「いいね」登録して「フォロー」して下さい猫2
phone toFB【なりたいもん】

phone toLINE@【なりたいもん】

↓↓↓ポチッとしてみて!そのポチに感謝(≧ω≦)
毎日のランキングにつながっています。
にほんブログ村

会社名
予約状況カレンダー